アワーメーター

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

一般の人には乗用車を、中古車屋さんに売りに出すときのことが、分かりやすいでしょう。その際走行距離が査定ポイントとして、重要であることはよく知られています。少しでも高値で買い取りさせるため、走行距離メーターの改ざんも、悪い人は行います。

トラクター乗用車の走行距離メーターに相当するのが、アワーメーターです。アワーメーターはフォークリフトのような重機などにも装備されていますので、その名称を聞いたことがある人もいると思います。乗用車の場合であれば、走行距離が傷み具合に直結すると考えられますが、畑を低速で移動するトラクターなどは、走行距離の多い少ないが、傷み具合の目安とされることはないのです。

アワーメーターは、エンジンの稼働時間を表すメーターです。エンジンキーをオンにすると、動き始めます。作業をするしないは、まったく関係ありません。エンジンキーがオンの状態で、メーターは上がり続けます。

海外に売られることが多いトラクターなどの農業機械は、このアワーメーターでさえも、それほど重要視されることはないのです。海外の農業就業者には、それよりも現在正常に動作しているかどうかが大切で、稼働時間を気にすることはないからです。