タイヤやキャタピラー

アワーメーターよりも重きを置かれるのは、トラクターならタイヤの減り具合など、現在のタイヤのコンディションです。そもそもトラクターは、一般のアスファルト道路のような、堅い道の上を走ることは、畑から畑への移動の際以外はそうそうありません。柔らかい土の上を、低速度で動くことがほとんどですから、タイヤがすり減ることもほとんどないのです。

業者乗用車のようにタイヤの交換頻度が、それほど高くないトラクターのタイヤ価格は結構します。そのためタイヤのコンディションがよくないと、いずれ近い将来は、その結構な出費を考えなければならないようになりますので、コンディションがいいタイヤが装着されたトラクターを、人々は求めるようになります。

トラクターには、キャタピラーがついたタイプのものもあります。キャタピラーの価格も安いものではありませんので、キャタピラーのコンディションも、査定時の重要項目の1つです。良心的な買い取り業者なら、比較的安い価格で、タイヤやキャタピラーの取り替えもやってくれますので、そういった良心的業者を探すようにして下さい。その業者なら、査定金額を上げようと、タイヤやキャタピラーを新品にする必要はないでしょう。